SOLIDWORKS Visualize

写真のようなビジュアルコンテンツ

ビジュアリゼーション

SOLIDWORKS Visualize —写真のようなビジュアルコンテンツを作成—

3次元データを使用して、印刷やWebで使用出来る写真のような静止画やアニメーションなどのビジュアルコンテンツを作成できます。Visualizeは3次元データの「カメラ」の役割を果たしています。

SOLIDWORKS Visualize Standard

CADデータを、カメラで撮影するような感覚で、非常にリアルなコンテンツをレンダリングすることができます。3次元データを写真のような高品質な画像で表現することにより、市場投入までの時間短縮を実現します。

SOLIDWORKS Visualize Professional

静止画だけでなく360°パノラマやアニメーションファイルを作成し、非常に複雑な設計の詳細情報を簡単に伝えることができます。

 
SOLIDWORKS Visualize
Standard
SOLIDWORKS Visualize
Professional
価格
204,000円(税別)
450,000円(税別)
サブスクリプションサービス(年間保守契約)
51,000円(税別)
90,000円(税別)
機能
グラフィックス プロセッシング ユニット(GPU)による高速レンダリング
ハイブリッドレンダリング モード
物理ベースのレイトレーシング
直感的なユーザーインターフェイス
CADおよびグラフィック ファイルのサポート
CADライブアップデート
サーフェス/部品スプリッター
インタラクティブな被写界深度
人工知能(AI)デノイザー
NVIDIA MDLとPBRで先進的な材料に対応
デカル(インタラクティブなステッカー)
カスタムキーボード ショートカット
自動データ回復
AR/VR体験用XRエクスポーター
高解像度ディスプレイ(4K以上のモニター)をサポート
SOLIDWORKS PDMとの統合
SOLIDWORKSのアニメーションとモーションスタディのインポート
フルアニメーション スイート
アニメーションリボン
Visualize Boostのサポート
PowerBoostリアルタイム ネットワークレンダリング
ブラウザ ベースのインタラクティブな画像とパノラマ出力
カスタマイズ可能な写真品質のカメラ フィルタ
統合されたレンダリングキュー
コンフィギュレーション
新しいエリア照明と照明の配置
仮想現実コンテンツの作成
統合された機構計算エンジン
車両ドライビングシミュレータ
ビデオデカル
IESライトプロファイル

機能詳細についてはメーカーサイトにてご確認ください。