SOLIDWORKSで設計したデータをバーチャルリアリティ(VR)空間で再現し、場所の離れた複数メンバーでレビューできるVRソリューションです。設計した形状をそのままVR空間に投影します。VRを活用することにより、試作や移動にかかる時間やコストの削減など、働きかた改革や業務効率化に繋がります。

設計データの変換不要

SOLIDWORKSで設計した3次元データを、変換することなく、VR空間へ取り込むことができるので、設計後、すぐに確認が可能です。

遠隔地とのVR空間共有

ネットワークを利用して、遠隔地にいる相手とVR空間を共有できます。デザインレビューをする相手とは離れているのにも関わらず、同じ空間にいる時と同じようなデザインレビューをおこなうことができます。

SOLIDWORKSとVRのリアルタイムな連動

SOLIDWORKSでの変更は、リアルタイムにVR空間のモデルへ反映されるので、変更内容に確認までの時間を大幅に短縮します。

VR空間での編集

SOLIDWORKSを操作せずに、VR空間でモデルの編集が可能です。同時にSOLIDWORKSのデータも変更されますので、レビュー後データを編集する手間を省けます。

主な機能(一部)

●VR空間共有
●外部データ取込み
●測定
●ダイレクト編集
●モデルの拡大/縮小/回転/移動など


仕様


システム構成

●3D-CONNECT for SOLIDWORKS ※別途SOLIDWORKSおよびハードウェアが必要です。
価格:1,500,000円(税別)

●3D-CONNECT for Guest ※別途ハードウェアが必要です。
価格:500,000円(税別)

動作環境

OSWindows10
CPUIntel Core i5 4590と同等、またはそれ以上
メモリ8G以上
グラフィックスNVIDIA Quadro P5000以上、GeForce GTX1070以上
SOLIDWORKSSOLIDWORKS2020以降